緊急情報

閉じる

現在、情報はありません。

ホーム > 医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 石川県の感染症発生動向調査(石川県感染症情報センター)

印刷

更新日:2024年7月17日

ここから本文です。

石川県の感染症発生動向調査(石川県感染症情報センター)

 感染症情報センターでは、医療機関から保健所に報告があった情報を集計・解析し、その結果をお知らせしています。調査の対象となる感染症は、県内の医師、獣医師が届け出る全数把握対象疾患と、指定された医療機関が週単位または月単位に報告する定点把握対象疾患があります。感染症発生動向調査の詳細については厚生労働省のページ(外部リンク)をご覧ください。

・令和6年4月3日に、「腸管出血性大腸菌感染症発生状況」及び「石川県感染症発生動向調査委員会」のページを追加しました。

・令和6年3月21日に、「グラフで見る10年間の推移」及び「カルバペネム耐性腸内細菌目細菌の薬剤耐性遺伝子保有状況」のページを更新しました。

 

 石川県の感染症情報

※以下の情報は速報性を重視しておりますので、以後の調査などで若干の変更が生じることがあります。

1. 全数把握対象疾患の届出状況(2024年7月17日更新)

2. 定点把握対象疾患(週単位)の患者発生状況

2-1.第28週(2024年7月8日~7月14日)の状況(2024年7月17日更新)

 注目の感染症 

 

【新型コロナウイルス

(COVID-19)】

【手足口病】警報発令中 【ヘルパンギーナ】

 w202covid19(JPG:183KB)

クリックすると拡大

 w208teashi(JPG:196KB)

クリックすると拡大

 w213herupan(JPG:188KB)

クリックすると拡大

・県全体の定点当たり患者報告数は7.75人となり、前週の4.75人より増加しました。保健所管内別では、能登中部が19.50人、金沢市が7.29人と多くなっています。

・県全体の定点当たり患者報告数は9.55人となり、前週の10.28人より減少しました。保健所管内別では、金沢市が12.27人、能登中部が12.25人、石川中央が10.33人と多くなっています。

・警報が発令されています。詳細は健康推進課のホームページに掲載されています。

・県全体の定点当たり患者報告数は2.69人となり、前週の2.00人より増加しました。保健所管内別では、南加賀が6.17人、能登北部が5.50人と多くなっています。

 

疾患別発生状況

2-2グラフで見る10年間の推移(最終更新日:2024年3月21日)

 

3. 定点把握対象疾患(月単位)の患者発生状況(2024年6月)

4. 病原体の検出状況(随時更新)

 新型コロナウイルスゲノム解析結果(最終更新日:2024年7月17日)

※令和5年5月7日以前の検体採取分については健康推進課のホームページに掲載

インフルエンザウイルス分離・検出状況(最終更新日:2024年7月17日) 

 病原体(ウイルス)分離・検出状況 (最終更新日:2024年7月10日)

腸管出血性大腸菌感染症発生状況(最終更新日:2024年6月19日)

5. 過去の感染症情報

 

 過去の全数把握対象疾患の届出状況

 過去の週単位及び月単位で把握する疾患の届出状況

注意

  • 以上の情報は情報提供時の速報値であり、確定値とは異なる場合があります。
  • 各ファイルの容量が大きいため、表示に時間がかかる場合があります。 

石川県感染症発生動向調査委員会

石川県感染症情報センターでは、年に1回、感染症発生動向調査委員会を開催し、専門家の方々より、石川県の感染症情報の分析評価、情報提供について、ご意見をいただいています。

令和5年度は、令和6年2月21日に開催し、以下の感染症について議論しました。

全国の感染症情報(リンク)

 石川県の感染症対策のページ(リンク)

 

 

 

お問い合わせ

所属課:健康福祉部保健環境センター 

石川県金沢市太陽が丘1-11

電話番号:076-229-2011

ファクス番号:076-229-1688

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報はお役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

同じ分類から探す